FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
自分の2012年を活動日誌として活用しているツイッターのつぶやきで振り返ってみました。こんな時、ツイログはありがたいです。1日1ツイートという日がほとんどで、内容は、その日の出来事を簡単に並べているものが大部分です。ざーと振り返ってみました。
最大の出来事であった衆院選の期間は公明党のオフィシャルサイトの情報を転送するなどの活用に終始しました。つぶやく気持ちの余裕がなかったというのが実際のところです。素晴らしい党員・支持者のおかげで、多くの皆さんに支えていただき公明党は全国で大勝利することができました。四国の公明党1議席を守れたことに加え、地元で推薦していた候補が当選を果たすことができて、本当によかったです。

高松市は、大西市長が4月から創造都市推進局をスタートさせ、シティプロモーションの強化にも一層、力を入れて行く構えが進みました。これは、公明党が推進してきた方向性と一致するもので、歓迎すべきことでした。こうした中で、「屋島会議」による活性化策の検討や古代山城プレサミットの実施などが具体的に展開し、来年以降の展開に備え、着々と駒が進んでいる感があります。

創造都市として発展していくためにも、景気回復と雇用創出を全力で行わなければならないときですが、同時に、今だからこそ、文化芸術を振興させていくことが、地域の活力となるとの思いを深くした1年でもありました。また若者を徹底して応援してことが大事で、子育て支援、子供の自立と若者の飛翔を切れ目なく支援できるように、身近な行政である市が具体的に手を打つ必要があることも感じています。

文化芸術に関しては、今年、個人として、これまでの人生では考えられなかった経験をすることできましたので、特記させていただきます。高松まつりの総おどりで路上に出ることも特別な感慨がありますが、今年は、ありえない状況が何度もあり特別な1年となりました。


<上方舞の体験>
 高松市出身で市観光大使でもある上方舞の第一人者、吉村ゆきそのさんとのご縁で、舞を体験させていただきました。

2012年01月10日(火)
きょうは終日、国立劇場(小劇場)。吉村ゆきそのさんの舞の会。「地唄 八島」に出演。あり得ない経験、一期一会で燃焼する思いで参加。高速バスで高松に向かっています。

2012年03月20日(火)
きょうは、吉村ゆきその春の会に参加、地唄「八島」の舞に出演。

2012年08月05日(日)
きょうは、高松市立玉藻公園、披雲閣が7月に国の重要文化財(建造物)に指定されたことを記念する催しに参加、吉村ゆきそのさん(上方舞・吉村流)による御祝儀「玉藻の鯛姫の舞」に先立ち、附祝儀「八島の舞」に出演。


<民謡で舞台に>
 舞に参加するきっかけは、民謡メンバーとのつながりからでしたが、民謡のほうでは、6月の市民文化祭で、サンポート大ホールで「北海盆唄」を独唱するという経験をさせていただきました。

2012年02月12日(日)
きょうは、丸亀市生涯学習センターで開催された香川県民謡連合会の研究発表会に参加。丸亀城付近で和装したイケメン風のバサラ京極隊を目撃、時間がなく深追いせず。

2012年06月03日(日)
きょうは、第36回日本民謡高砂会発表会ならびに懇親会に参加。

2012年06月09日(土)
きょうは、高松市市民文化祭「アーツフェスタたかまつ2012」主催事業「故郷の民謡をたずねて」に出演。

2012年10月28日(日)
きょうは、コミュニティセンターの文化祭に讃岐民謡の合唱で出演。街頭演説を実施(屋島西町)。訪問対話。公明党関係の打ち合わせ。


こうしてツイッターの活動日誌を振り返ってみましたが、同じことはもう2度とできないかもしれないということばかりで、本当にありがたいことです。身近な伝統芸能の素晴らしさを体感したり、世界の文化芸術に触れる機会を増やすことは、必ず地域の底力を引き出していくことにつながると思います。こうした点も踏まえ、高松の発展、日本の再建のために行動し、発言していきたいです。

2013年が、よい年でありますように!
スポンサーサイト

2012.12.31 Mon l 独り言 l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

探偵GODのコメント
確かにね
2013.01.03 Thu l 探偵GOD. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://nakamurasin1.blog78.fc2.com/tb.php/621-b1966562
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)